世界でたった一つの家作りができる注文住宅!

耐用年数が長い家

玩具の家

100年持つ家作り

日本の木造建築は、約30年程度で寿命がくると言われています。家は一生に一度買うか買わないかの、大きな買い物です。高い買い物なのにたった30年で寿命が来てしまうのは、かなり金銭的な負担となります。より耐用年数が長い家にしたいと考えている方は、宮大工さんに家作りを相談してみてはいかがでしょう。宮大工さんとは神社仏閣の建築や、修繕を行う大工さんの事を言います。一般的な大工さんが行う工法とは、全く異なる工法で建築するのが宮大工さんの特徴です。神社やお寺などの施設は、何百年と維持しなければいけません。耐用年数が出来るだけ長くなるよう、宮大工さんは特別な技術を必要とします。神社仏閣では釘などの金物を使用せず、建物を建てるのが特徴です。伝統的な工法を用いて、木材を削るなどし木組みという工法で、柱や土台をつなぎ合わせます。しっかりとした土台となるので、宮大工さんが作った家は100年は持つと言われているのです。ですので、長く住める家を希望するのであれば、宮大工さんに依頼するのが良いでしょう。ただ、身近に宮大工さんがいるという方は、ほとんどいないと思います。宮大工さんの数は年々減少しており、全国に100人程度とも言われているようです。依頼するのが難しいというイメージがありますが、最近は宮大工さんが職人として働いている工務店、建築会社も少なくありません。宮大工さんが在籍している所であれば、伝統的な工法で建てる家を依頼出来ます。