二重整形に必要な費用を知ろう!【女性に人気のプチ整形】

医者

施術内容と費用の関係

医者

知れば納得術式の違い

二重整形と一言で言っても、様々な術式があります。その内容を知らずに費用だけで選ぼうとしても、正しい判断が出来ませんので注意しましょう。結果的に美しい二重が作れれば良いかもしれませんが、一人ひとりに最適な術式は異なります。自分で見極めることは出来ませんので、医師に診断してもらって、理想とする状態に整形するためにはどうすれば良いか提案を受けましょう。現在主流となっている二重整形術には大きく分けて4つの種類があり、それぞれに費用が異なります。メスを使わずダウンタイムがほとんどないものから、大掛かりな手術まで順番に挙げてみましょう。1つめは埋没法で、これはメスを使わない術式です。まぶたに医療用の糸を埋め込むので埋没法と言いますが、止める箇所が多くなればその分費用が高くなります。2つめは部分切開法で、まぶたをメスで1cm程度切開する方法です。3つめは全切開法で、二重の長さ分切開するので、3cm程度切開するのが一般的です。4つめは目瞼下垂を修正する手術で、簡単に言えば目の開き自体を大きくする整形手術になります。手術が大掛かりになればそれだけ費用はかかりますが、理想に一番近い形に整形することが出来ますし、効果は半永久的に続く魅力があります。どのような二重にしたいのか、その効果はどれくらい持続性を求めるのか、様々な条件も含めた上で検討しなければいけませんね。そしてその術式が自分に合っているかどうかにも大きく関係しますから、費用だけを見て判断することは出来ないわけです。また、提示されている料金に麻酔代が含まれているか、何かオプションの費用が別途発生しないかを事前に確認するのも大事なこと。もし比較したいなら、すべて明確にした上でなければ正しく比較出来ません。美容整形外科によっては術後に保障期間を設けているケースもあり、多少費用が割高でも、そのほうが安心を得られる場合もあります。例えば、条件内であれば期間内に無料で再手術を受けられるとか、やり直し可能といった保障があれば、そのほうが得だと考える人もいるでしょう。詳しくはカウンセリングの時に直接確認したほうが良いですし、サイトだけ見て決めてしまうのはちょっと気が早いかもしれませんね。まずは事前カウンセリングを予約して、聞きたいことはそこで全部しっかり聞くことが大切です。お金のことが気になるのは当然のこと。料金設定にはちゃんと意味がありますので、誠実な美容整形外科であればきちんと説明をしてくれるはずです。